ぼくのきせき

「子どもの心に火を灯す ⇄ 自分の心に火が灯る」 実現めざした学びの軌跡

ぼく自身が学んだことは 子どもたちの力になる

ぼくが悩んだことは 子どもたちの明るさにつながる

そのとき その場の全員に 理解してもらえなくても

ぼくが前を向いてがんばる姿を

子どもたちのなかの何人かは見ている

そして その子のためにがんばることが

 

ぼくたちの すべてだと思う。

なぜ この「小学校の先生」という仕事を選んだのか・・・

それは 自分の学んだことを だれかの役に立てられるような

  

そんな仕事がしたかったから。

<学校の先生はすてきな仕事>

これが、このブログ全体を通して言いたいことです。

こんな時代だからこそ、

やっぱり学校の先生はすてきな仕事だということを

>p>発信する場所があっていいと思う。

明るい未来を語る場所があってもいいと思う。

そんな思いでこのブログを綴ります。

いまー進行している流れのなかのこの瞬間。

過去のすべてが この いま にあつまっていて

未来のすべては この いま から生まれる。

ちょっと休憩するときに挟むもの それが 栞(しおり)。

栞をはさんで

本をとじ

コーヒーを片手に

これまでの ストーリーを思い返し

これからを 想像する

そんな時間を生み出す場所として

「まなびの栞」

をはじめます。

プロフィール
id:nobounds-cloud
ブログ投稿数
78 記事
ブログ投稿日数
34 日
読者
22 人 kenshimanabiai kouseiya99 logicalnotes outsider6 kotohack ashine hakonsoto kenta03 humor1128 peace62620 Yacchae meganenokagayaki s_locarno kiirotomao niconicoyuri e453ku8y takipon5 ShukaijoShocho chiki-no3 emisun hanjukukacho